郡上市に避難指示 岐阜県内8日にかけ大雨の恐れ

郡上市に避難指示 岐阜県内8日にかけ大雨の恐れ川幅いっぱいに増水し、水しぶきを上げる飛騨川=7日午前10時4分、下呂市萩原町野上 前日から降り続く大雨のため、県内では7日も通行止めなどが続いている。8日にかけて雷を伴った激しい雨が降ると予想されており、岐阜地方気象台は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などへの注意を呼び掛けている。郡上市は7日午前、大和町島で土砂災害の危険が高まっているとして、住民7世帯31人に避難指示を出した。

 同気象台によると、降り始めから7日午前5時までの降水量は本巣市樽見で337・0ミリ、高山市船山で334・0ミリ、下呂市萩原で313・5ミリ。

 8日午前6時までの24時間雨量は美濃、飛騨地方ともに多い所で200ミリ、9日午前6時までの48時間雨量は300~400ミリと予想されている。

 大雨の影響で東海北陸自動車道は7日午前10時半現在、飛騨清見インターチェンジ(IC)-荘川IC、高鷲IC-白鳥IC間が通行止め。一般道は国道41号高山市久々野町渚-同町無数河間の8キロなど29カ所で通行止めとなっている。

 JR東海によると、中央線中津川-塩尻間と高山線下麻生-高山間の上下線で運転を見合わせている。いずれも安全を確認次第、午後以降に順次運転を再開する予定。岐阜新聞社


引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200707-00254202-gifuweb-l21
高山市でセフレ
郡上市でセフレ
下呂市でセフレ
本巣市でセフレ

都道府県